よくあるご質問

フォトコンテストのご応募について多いご質問です。

複数作品の応募は可能ですか?
単写真または最大5枚の組写真でお一人さま5作品まで作品データの受付となります。
メールでの応募方法は?
トップページの応募するボタンをクリックし、応募方法選択画面へ進み、メールで応募するボタンを選択してください。
応募用紙をダウンロード(Wordデータ)し必要事項を入力してください。
画像データと応募用紙を添付し、指定のメールアドレスまでお送りください。
なお、1回で送信できるデータサイズは最大2MBまでとなります。
2MBを超える場合は事務局にお問い合わせください。
送付いただいた画像が不鮮明などの理由で判読できない場合、応募無効となる場合がございますので、予めご了承ください。
生きもの写真リトルリーグとはどういうものですか?
自然や生きものに興味を持つ全国の少年、少女が"地域の自然、生きもの"の魅力を写真で表現する写真コンテストです。
生きもの写真コンテストは日本各地の「生きもの」をテーマに全国の小、中学生を対象として実施します。地球環境問題は私たちの重要なテーマですが、生きもの(動物、植物)や生息環境も対象とする自然科学の分野に大きく関係します。
この写真コンテストでは写真の表現力と、写真をとおして、科学の基礎の学び、また、生きものの命の大切さ、生きるものへの敬意、環境維持などの心の育み、持続可能な社会づくりの一役を担う次世代育成支援を目的として実施します。
生きものサミットはいつどこで開催されますか?誰が参加しますか?
開催日:2017年8月19日(土)
場 所:小諸高原美術館(長野県小諸市)
参加者:各地区賞受賞者と保護者
生きもの写真リトルリーグ主催者は?
生きもの写真リトルーグ実行委員会(委員長 昆虫写真家 海野和男)の主催で運営します。
後援:小諸市・小諸教育委員会、日本自然科学写真協会、公益社団法人 日本写真協会。また、パナソニックは特別協賛をしています。 協力:小諸高原美術館、株式会社朝日新聞出版 アサヒカメラ、株式会社モーターマガジン社 月刊カメラマン、株式会社学研プラス CAPA、株式会社インプレス デジタルカメラマガジン、株式会社日本カメラ社 日本カメラ、株式会社日本写真企画 フォトコン、株式会社玄光社 フォトテクニックデジタル、株式会社キタムラ。
応募資格は?応募するには?
小学生、中学生の個人の応募。または、小学生、中学生のグループで応募いただけます。
また、本コンテストは保護者同意(応募用紙で同意確認をいただきます)のうえ、応募をお願いします。
予選7地区とは?
日本の各地の生きものを知っていただくことも考え、予選は都道府県を7地区で行います。
北海道
東北 (青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島)
関東 (茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川)
中部・東海 (新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 静岡 岐阜 愛知 三重)
関西 (滋賀 京都 大阪 奈良 和歌山 兵庫)
中国・四国 (鳥取 島根 岡山 広島 山口 香川 徳島 高知 愛媛)
九州・沖縄 (福岡 大分 熊本 佐賀 長崎 宮崎 鹿児島 沖縄)
選考はどのように行われますか?
予選、本選選考会は複数のプロ写真家の選考で行います。
撮影に使用するカメラは?
写真コンテストの応募はデジタルデータで受付をします。
コンパクトデジタルカメラ、デジタル一眼カメラ、スマートフォンなどで撮影をした作品で応募をお願いします。カメラの種類は問いません。
応募しめきりは消印か、到着か?
郵送での応募の場合、しめきり日の消印で受付をします。
トップページへ